千葉県で再就職したエンジニアの日記

日々の子育や趣味において、印象的だったコト、モノを紹介しながら書きます

我が家の標準仕様のSDカードを紹介する

保育園、小学校と子どもたちをちょっとしたイベントって、意外とありますよね。業者の人が入ってくれていて、DVDとかに編集してくれたりしますが、やっぱり自分たちでもログとして残しておきたいので、一眼レフカメラや、ビデオカメラで撮影したくなります。でも、以外と家にあるmicroSDカード、整理しきれなくて、空いているmicroSDカードがちょっとあると便利ですよね。我が家でストックするSDカードを紹介します。いろいろな「規格」があるみたいですが、1度買って失敗したことがある(読めなかった)ので、無難な「規格」で構成されたmicroSDカードを我が家の標準仕様としています。

 

 

ポイントは2つ。

 

我が家はビデオカメラがメインなのですが、サイズが多きすぎても読めないかもしれないし、短いと一日のイベントを取り切れないこともありそうだというので、ちょうどいいのとして32GBのものです。5時間くらい取れます。

 

一度ハイレベルなものを買って読めなかった残念な経験があった(我が家のSONYのビデオカメラ、昔かったGoPRO3、両方だめだった)ので、特に問題なく使えている以下の「規格」ものを選んでいます。なんとなく、同じことをいろんな表現で言ってる、と理解します。

 

「microSDHC」・・・大容量のmicroSDカード

「UHS-I 」・・・ピンが9本、Ultra High Speed-I、最大転送速度104MB/秒

「U1」・・・UHSスピードクラス1、最低10MB/秒

「C10」・・・CLASS10、スピードクラス10、転送速度10MB/秒

 

ということで、ストックしつつ、整理して使い回ししています。